BCP対策

BCP=Business Continuity Plan(緊急時企業存続対策)の備えは万全でしょうか?
2012年11月より、経済産業省の改正石油備蓄法により、石油製品の備蓄管理について民間業者に直接委託できるようになりました。

サービスの概要

「緊急時専属配送契約」により貯蔵タンクに緊急災害用として石油製品をお預かりし、万が一の災害時、最優先で出荷を確保するサービスです。貯蔵タンクは全国に分散して設置しており、441台のタンクローリーが、365日24時間出荷可能な体制を構築しています。

燃料備蓄提案の目的

緊急時の非常用発電機の燃料として自社で石油備蓄を確保することで、災害に強いリスク管理ができる為、BCP対策の見直しとして7割の企業がエネルギーの確保を検討しています。

導入メリット

①自社備蓄に比べて、膨大な設備投資が必要ありません。
②石油という賞味期限商品を定期的に入れ替えて、万全の状態を維持します。
③緊急時の配送手段を確保しています。

費用

毎月定額の料金を頂きます。無料診断後、概算見積りをお出しします。

お問い合わせはこちら